PlayMemoriesHomeの年別カレンダー表示は素材を探しやすい

PlayMemoriesHomeカレンダー表示画像

PlayMemoriesHomeは、ソニー製のカメラを持っていれば、素材の取り込みと管理で使っておきたいダウンロードソフトです。以前は、「Picture Motion Browser」(ピクチャー・モーション・ブラウザ)と呼ばれていたものです。ソニーのカメラを購入すると、附属ソフトウェアとして、CDROMがもれなくついていましたが、現在は、ソニーのWEBサイトで最新のソフトウェアをダウンロードして、使い始める際に、購入したソニー製のカメラを認証するという手順を得て、無料で使うことができます。

ダウンロード先は、PlayMemories Home Downloadです。

初回のインストール時だけに、カメラ認証をしていたのですが、最近のメジャーアップデートでは、再度、カメラの認証を聞いてきます。何度も何度もカメラを繋げといわれると、少々めんどくさいですが、動作が軽くなったり、扱えるフォーマットが増えたりするようなので、できれば、最新版での運用をお勧めします。

現在の使えるフォーマットは、

「ソニー製のデジタルスチルカメラおよびデジタルビデオカメラレコーダーで撮影した画像が対象となります。」という前提がありますが、

  • JPEG
  • MPO
  • TIFF
  • GIF
  • PNG
  • SRF/SR2/ARW(Sony RAW)
  • DV-AVI
  • Motion JPEG
  • WMV
  • MPEG-1
  • MPEG-2
  • TS(AVC)
  • MP4(MPEG-4)
  • MP4(AVC)
  • MP4(XAVC S)

とあり、撮影素材で必要なフォーマットはそろっているので、業務用の管理ソフトとしても、十分使えます。

撮影は、日時が決まっていることから、カレンダー表示で素材が表示される、PlayMemoriesHomeは、素材を探したいときに使いやすいです。
素材の場所をどこに置いたかを忘れたとしても、撮影の日時を忘れることは、そうありません。
なので、素材を探したいときは、年別や月別で表示できるカレンダー表示で、素材を簡単に見つけることができます。見つけた後は、「プロパティ」表示を見て、フォルダを見に行けばよいので、過去の素材を探すときには、カレンダー表示で探します。

メジャーなフォーマットであれば、ソニー製のカメラで取り込んだ画像以外も表示してくれるので、意外と使えます。おすすめです。

ちなみに、ソニーのS-Log形式を使ったり、ソニー業務機にしかないディアを扱う場合は、「Catalyst Browse」(カタリスト ブラウズ)というのがあります。

更新情報を受け取る

投稿者プロフィール

画風
画風~伝える、わかる、ひろがるをあなたへ。~
大学を卒業して、映像プロダクションに勤めました。
数社を渡り、福岡市インキュベート施設で独立。

2000年:映像音響処理技術士
2013年:マルチメディア検定エキスパート
2014年:Webデザイナー検定エキスパート