50周年式典イベントと社史

クライアント 電機製造業
納品 デジタルコンテンツ・DVD
撮影 あり
編集 あり
分類 ,

社史は、テーマ設定と情報収集が鍵!

創業50年に当たり、社史を製作し、その50周年を記念した式典イベントのオープニングムービーを製作しました。

50年の構成は、

  1. 誕生
  2. 新たな事業領域への挑戦
  3. 品質向上と基盤強化
  4. さらなる飛躍へ

となり、素材の多くは、モノクロの写真からとなります。
ナレーション原稿は、社史の原稿が原文となるので、それらを組み合わせて、映像化します。そのため、写真も文章も素材は膨大となりますが、新たに創造しなければいけないという煩わしさはありません。

50年といえば、当時を知る当事者も少ない為、過去の資料を振り返りながら、事実を確かめて、映像化します。

嘘や憶測を追加して、誤解の無いように映像化することが大切となります。

その理由は、これら社史やイベントやそのイベント映像が、次の歴史の記念イベントで参照され引き継がれるからです。

歴史を振り返りながら、アーカイブの役割も兼ねた映像の製作をします。

里親となり、小さな赤ちゃんの手を握ろうとする父親の手

次の記事

里親と家族と子供