adobeのMUSEをアップデートver2017.0.4

adobeMUSEのリリース案内画像2017-0-4

adobeのMuse(ミューズ)のアップデートを行いました。

今回のリリースノートでは、VideoウィジェットをMuseのキャンパスに追加すると、アプリケーションが停止したり、応答しなくなる不具合を解消しているとのことです。前回のアップデートである、2017-0-3では、同様にして、アプリのフリーズする状況や、コンテナが消えてしまう不具合を解消して、かなり修正されていましたが、まだ不具合が残っていたようです。

adobeのMuseは、最初のリリース当初からお世話になっており、その時から、フリーズしたり、ファイルが飛んだりしていましたが、ファイルのバックアップを取っていれば、大体の問題には対処できるので、adobeのMuseの勝手の良さから、使い続けています。そして、バージョンアップするたびに、どんどん進化しているイメージがあります。

adobeの情報タブにも書かれているように、Museは、クライアントの指摘を受けて、問題を改善してきています。また、指摘を受け入れ修正するスピードも遅くないので、使っているユーザーは、adobeのMuseが、まだ完璧でないソフトであることを承知したうえで、使い続けているのではと思います。コーディングの知識が全くなくても、サイトの設計やデザインができれば、Museだけで、Webサイトを一人だけで制作できる点が、大変便利で、メリットがあります。

今回のVideoウィジェットの不具合には、遭遇しませんでしたが、adobeのMuse(ミューズ)の進化を期待して、使い続けていきたいソフトの一つです。

更新情報を受け取る

投稿者プロフィール

画風
画風~伝える、わかる、ひろがるをあなたへ。~
大学を卒業して、映像プロダクションに勤めました。
数社を渡り、福岡市インキュベート施設で独立。

2000年:映像音響処理技術士
2013年:マルチメディア検定エキスパート
2014年:Webデザイナー検定エキスパート