タイムコードとノンリニア

タイムコード time code

 

撮影時にテープに記録される時間情報。テープそのものに記録されるので、絶対番地として、参照できる。
VTR編集では、このタイムコードがなければ、作業効率が低下するが、メディアに記録するカメラの素材やノンリニア編集をするために、デジタイズする素材は、
編集の段階で、必ず必要になってくるものではなくなった。ノンリニア編集上で、いつても任意のタイムコードを設定できるためだ。
しかし、「完パケ」には、VTRを制御するために、絶対必要であり、完成原盤においては、今後も必ず必要なものなので、忘れてはならない。

更新情報を受け取る

投稿者プロフィール

画風
画風~伝える、わかる、ひろがるをあなたへ。~
大学を卒業して、映像プロダクションに勤めました。
数社を渡り、福岡市インキュベート施設で独立。

2000年:映像音響処理技術士
2013年:マルチメディア検定エキスパート
2014年:Webデザイナー検定エキスパート

前の記事

完パケとシロ

次の記事

DVカメラといえば