「HDR写真」に必要なモードとは?

HDRイメージ

HDR写真 high dynamic range image photo

合成を前提とした写真のことで、
一眼レフカメラに搭載されているモードの「(オート)ブラケットモード」を使って、
露出の異なる写真を同時に撮影し、それらの明るい部分と暗い部分を上手に合成して仕上げる写真の事。

明るい部分と暗い部分を同時に残して表現できることから、レンジの広い表現ができる写真技法のひとつです。

「ブラケットモード」は、一眼レフに搭載されているが、エントリーモデル機には、
装備されていないので、HDR写真を撮影してみたい場合は、
カメラのメニューに「ブラケットモード」が搭載されているかどうかを確認して、購入したほうが良い。

ニコンのD3100は、初心者用のエントリーモデルとして有名だが、この機種には、「ブラケットモード」は、搭載されていない。

オートブランケットモード機能の有無が分かるリストは、参考になります。
HDR写真のギャラリーを見たい方は、Photomatixのユーザーギャラリーが参考になります。

更新情報を受け取る

投稿者プロフィール

画風
画風~伝える、わかる、ひろがるをあなたへ。~
大学を卒業して、映像プロダクションに勤めました。
数社を渡り、福岡市インキュベート施設で独立。

2000年:映像音響処理技術士
2013年:マルチメディア検定エキスパート
2014年:Webデザイナー検定エキスパート