映画【ザ・マミー呪われた砂漠の女王】は4DXで見るのがお薦め

映画ザ・マミー呪われた砂漠の女王のイメージ画像

映画【ザ・マミー呪われた砂漠の女王】を見ました。


最高に面白かったです。やっぱり、トム・クルーズ主演映画は、ド迫力で、スリリングで、いつもハラハラドキドキですが、そこが、最高にいいですよね!

映画の案内を見て、本当なら、4DXで、鑑賞する予定を立てていたのですが、あいにく、福岡では、夜の遅い時間帯だけだったので、断念して、午前中に2Dで、映画を見ました。
2Dであれば、福岡は、T・ジョイ博多がおすすめです。ひとつひとつの部屋は広くはありませんが、座席の足場の空間のゆとりが十分で、ゆったりした気分で見れます。

また、前の座席の高さも、映画のスクリーンと被らないように、十分な角度と落差を考えて設計しているので、多少座高の高い人が前の座席に座っていても、映画のスクリーンの邪魔になることがありません。最近の映画館なので、その辺の設計がしっかりしています。また、音響の配置もよいので、音も満足です。

そんな中、映画【ザ・マミー呪われた砂漠の女王】を見たのですが、音などを楽しんでいると、やはり、4DXで見れば、もっと満足しただろうな、と思える映画でした。
今年の夏、今からこの映画を検討している方は、是非、4DXでの鑑賞をお勧めします。

4DXとは、体感型を演出するための最新の劇場上映システムといわれ、映画館も初期投資を必要としているため、普通の鑑賞料金からさらに追加で1,000円を支払わなければいけません。しかし、4DXでは、座席が動くのはもちろん、映画と完全にリンクしてるので、シーンに連動して、前後左右に動き、風や、水や煙を出すなどして、幅広い演出で、映画を楽しめます。

すべての映画に有効ではないですが、トム・クルーズ主演の映画には、とても相性の良い上映システムだと思います。

4DXを未体験の方、是非一度この機会に、体感してみて下さい。

更新情報を受け取る

投稿者プロフィール

画風
画風~伝える、わかる、ひろがるをあなたへ。~
大学を卒業して、映像プロダクションに勤めました。
数社を渡り、福岡市インキュベート施設で独立。

2000年:映像音響処理技術士
2013年:マルチメディア検定エキスパート
2014年:Webデザイナー検定エキスパート